【当社製品】製造・物流現場での動線解析ソリューションとして開発を進めています。

編集中(COMING SOON)

デッドデコニングを用いた動線解析ソリューション

デッドデコニングとは、カーナビでトンネル内などの非GPS環境下において加速度センサやジャイロセンサなどを用いて位置の推定を行う技術です。

現状は構内の測位と言えばセンサを定間隔で配置する必要があり、手間やコストがかかるという課題がありました。 弊社では、その課題に対してRoboticsを活用した工場内のレイアウト自動作成、レイアウトを活用した位置補正、生データに対するフィルタリング技術を活用した位置補正で精度向上を図る開発を行っています。