ITAGE PRESS13
6/16

若手技術者の能力向上を目的として毎年行われるPMコンテストが、今年も9/28(土)に開催されました。会場には参加11チームと応援団、実行委員会スタッフなど100名を超える人数が集まりました。今回で11回目となります。 毎年恒例のPМコンテストが9月末の土曜日に行われた。台風の影響で天候が思わしくなかった昨年同様に今回もまた空一面を雲が覆っていた。だが会場内は熱気で熱い。 マシンの走行は午前2回午後1回の合計3回行われる。 監督の河合望さんは「午前で完走したのは3台。ITAGEは残念ながらコースアウト」という。 午後の部が始まったとき司会者が「午前に完走したのはすべて南側からスタートしたマシンだった」と披歴した。ITAGE班のマシンの午後のスタートは、なんと南側だ。いいぞいいぞ。期待は高まり、そうしてついにスタート。 ジンクスが的中したのか、1週目はなんなくクリア。そうして2週目にかかる…。が、反対側からスタートしたマシンともどもあえなくコースアウト。 「1周を完走したのだから目標達成」と叫んだスタッフもいた。「それじゃ甘いんだよ」という声もどこからか聞こえてきそうだが、このコンテストの意義はSEのプログラミング技術の向上にある。 コンテストのために、仕事終わりに黙々と準備したスタッフに、拍手。           (顧問/服部)今年もがんばった!

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る